「言葉を伝える」について考えていたら、スゴイ事にたどり着いた。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

    

 

「言葉を伝える」について考えてたら。


あれ、「言葉って、日本語って」
ひらなが
カタカナ
漢字

          

その前って…あるのかなぁ?と思ったんです。
考えた人いるでしょうか?

       

***

そうしたら

「カタカムナ」という言葉にたどり着いて。

       

まてまて「カタカナ」って
世界の言葉を全部、表せるじゃないか?!と思って(笑)

「日本語」って、すごいんじゃないの?!って思って。

           

      

「カタカムナ」ってこういうモノなんですけど。(※詳しくは自分で調べてください!)

「あ」とか「い」とか

     
一文字一文字に意味があって。
例えば「あい=愛」だったり「藍」というイメージが私たちには、あったりするけれど。

       
それよりもっと奥に「意味」を持っていて。

    
じぶんの言葉にのせている概念と
もともと文字が持ってるパワーがあるんだと思ったんです。

      

***

     

これ、とってもすごくないですか?!

     

そこに、自分の感情ものっかって
言葉を書いたり、話したり。

    
パワーがないわけないのです!

       

        
そして、ちょと前にやった「ヒモ」の話。

        

私たちの体を最小単位にした時の姿。

思ったら、言葉って「ヒモ」の重なり合わせじゃないですか。

つまり、この世で一番最初に生まれる物質が言葉なんだと思ったんです。

        

      

「言霊」だよ。ほんとに…。

    

   

  

あなたの愛する人生でありますように。

<おすすめ記事>

●はじめましての方はこちらから(わたしのビフォーアフター)

●「直感」の場所は、こころの下に落ちる感覚。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。