自己肯定感は「ないもの」にしようとしていたことを「あるもの」にすることが大事。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

         

最近気づいたことがあるのです♪

             

そして、これは、自己肯定感が上がるお話に繋がるんじゃないかと思いシェアします^ ^

  

**

       

自己肯定感というのは

じぶんを素晴らしいと思ってあげることです。

              

そして、何より大事なことは「じぶんのダメなかわいい部分を認めること」だと書きました。

  

最近、わかったのは

その「ダメな自分に◎をくれる人と一緒にいること」

が、すごく大事なんだってわかったんですよ^ ^

    

**

     

わたしは、前にも書いたけど。

どこか「悪口」をおもしろおかしく言えちゃう人が昔から好きなんです。

そして、20年以上仲良くしているお友達の一人が、そうなんですよ。すれ違った瞬間に、その人の嫌なところを見つけられるような子なんです。すごいんです(笑)

でも「悪口」をおもしろおかしく言うって、何も言わないことより「愛情が深い」気がするんですよ。

          

                  

でもさぁ、表面上は最低でしょ((笑))

               

だけど、わたしにも同じように、最低な「冷酷」な部分もあったりして。そして、彼女もそれを分かって「好き」でいてくれてるというとこ。

**

              

だからね、そういう「嫌な自分」

なくしたいと思うような自分を

「あるものにしてくれる人」

        

       

わたしも最低だけど。

あなたも最低ね((笑))

って、笑い合える人と一緒にいることで

  

じぶんをあるものに。

一番、認めることが出来るんじゃないかなって思ったんです^ ^

そして、じぶんらしさというものに。

            

              

だから、なんでも盛りすぎちゃうとね。

ナイモノは。ないんだから。

きっと、深い所で繋がっていて。

         

自己肯定感が上がることはナイんだと思うんですよ。

     

 

     

     

           

あなたの愛する人生でありますように。

<おすすめ記事>

●はじめましての方はこちらから(わたしのビフォーアフター)

●ほんとうの自己肯定感の高め方。

 

  

  

Follow me!

自己肯定感は「ないもの」にしようとしていたことを「あるもの」にすることが大事。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。