才能は「どう」愛されたいかの先にある。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

     

  

じぶんの「才能」は何だろうと思ったことは、一度や二度あるんじゃないでしょうか?

そして、お子さんを持っていたら「才能」を見つけてあげたい。伸ばしてあげたい。と、思うことはもちろんのことだと思います。

   

***

「才能」=物事を巧みになしうる生まれつきの能力。

そして「才」という字は川の氾濫をせきとめる為に建てられた良質の「木の象形」から「もともと備わっているよいもちまえ」を意味します。

    

やっぱり、どこか「生まれつき持って生まれる」ものなんだと思います。   

       

              

ただ、多くの人が悩んでしまうのは、事柄から入るからです。

        

音楽の才能。

文章の才能。

絵の才能。

運動の才能。

勉強の才能。

    

   

**

でも、一度立ち返ってみてください。

「才能」を見つけて、ほしい「現実」は何でしょうか?

      

たぶん

「好きなことをして(楽に)お金を稼げる(愛される)」

という「現実」ではないでしょうか?

    

だとしたら「どう」愛されたいか。

ここをしっかり掘り下げる(掘り下げてあげる)んです^ ^

    

    

    

ちゃんと、みんな持って生まれてきてます。

   

   

   

   

あなたの愛する人生でありますように。

<おすすめ記事>

●はじめましての方はこちらも(わたしのビフォーアフター)

●自分らしさ(本質)を知るための子供時代に欲しかったメッセージ。

●みんな神様の一部をもらってる。

   

Follow me!

才能は「どう」愛されたいかの先にある。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。