顔タイプ診断:子供顔メイクと大人顔メイク。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

  

      

「子供顔メイクと大人顔メイク」

今日は、わたしの顔でビフォーアフター!

**     

     

でも、まず、その前に。

子供顔というのは「かわいらしさ・おさなさ・柔らかさ」が出る顔です。

一番のポイントは目元ですね。目と目の間が離れていると、子供顔の要素が強くなります。

そして、大人顔というのは「華のある感じ・キリっとしている・かっこよさ」が出る顔です。

目元は、子供顔とは反対に中心によります。

※美人顔とされる目元は、目と目の間が、目の大きさと同じだと言われるバランスです。

          

**

わたしの顔は目元がもともと離れているので、子供顔になります。

それを、よりアイシャドウやマスカラを外側中心にメイクすることで~。さらに子供顔の要素が強くなります。

      

反対に内側中心にしたメイクをすると。こんな感じ。

      

※子供顔の場合、目尻の三分の一だけ、薄ーくアイラインは引いてます。

大人顔は目力を出すために、全体的に太くアイライン引いてます。

          

どうでしょう?♪

        

錯覚を利用すると、こんな感じになります。

リップの色も、子供顔はローズで大人顔はベージュにしております。

**

     

       

かわいくなったり。きれいになったり。って。

       

じぶんはどうなりたいのか?

どう見えてるのか?

相手と自分を気持ちよくさせてくことであって。

ホントは、とてーも。

頭と心を使うんですよね。

    

(確かに、もともと持ってる美的センスみたいなものもあると思うけど…)最終的には、計算された知性みたいなものに行きつくんじゃないかと思ってます。

         

なんてったって「賢くて、かわいく、きれいな女」は最強でしょ^ ^

そして、それは実は、年々増えていく美しい魅力なんじゃないかなって。思うんですよ。

      

     

      

       

あなたの愛する人生でありますように。

●MENU一覧

  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。