30枚の瓦割りをするような勢いが必要。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

       

何かを成し遂げたいと思ったら  

目の前の一枚を割ることも大切だけど

時に、30枚重なった瓦を一気に割るくらいの勢いが必要だったりします。

    

***

そこに必要なのは「怒り」です。

「怒り」は悪者あつかいされますが、感情の中で「エネルギー」がとても強いです。

何かを成し遂げようと思ったら、とても必要です。

  

**

特に、本能で生きる<タイプ1タイプ8タイプ9>は潜在的感情に<激怒>を抱えています。本能で生きるという事は<今、ここ>に生きることです。

彼ら彼女らは「壁」をつくることで、自分は完全であるという感覚を作り出そうとします。

       


そして、その<激怒>のエネルギーを

タイプ1は

タイプ8は

タイプ9は外と内

使います。

               

そして、この3タイプが求めるものは<自立>です。

歪みが出やすいのは、子供のころに十分なこころの余裕を持って成長することが出来なかったと感じているのです。

そして、実際に脅かす事がない状況でも「じぶんの場を守る」ことを感じ続けてしまうことです。

        

でも、もう一度思い出してみてください。

ほんとうに、そうだったでしょうか?

心の余裕がない状態だったでしょうか?

     

例え、そうだとしても。今のあなたは、じぶんで心のコントロールが出来るはずです。好きなように生きてよいのです。

            

そして、湧き上がる「怒り」を正しく使うのです。誰かを傷つけるのではなく、誰かを守るために使うのです。

       

   

     

         

あなたの愛する人生でありますように。  

<オススメ記事>

●エニアグラム診断とは。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。