「見た目が全てだ♪」という話。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

  

こんなことを書くと、性格が悪いように思われるかもしれないけれど(・_・;)

ここ数年、考えてきたことで。

やっぱり「見た目が全て」でいいのではないかと思ったのですよ。

    

**

先日も、友人と話していて。

「仲良くしたいママさんが、一人もいない!」と言っていて(笑)

彼女的に「見た目」が自分と価値観が合わなそうだったらしいのです。

     

誰かと付き合う(仲良くする)というのは、その人と好きなモノや嫌いなモノを共有することだと思うんです。

それは、もちろん。内面的な話になるのだけれど、見た目にあらわれるのです。洋服やメイク。持っているモノ。カラダのつくり。しぐさ。立ち振る舞い。表情。

どこに、どんなお金や時間をかけてきたのか。

   

**

美人だとか。イケメンだとか。

そんなことを言っているわけじゃなくて。

  

きれいになりたいという欲求だったり。

モテたいという欲求だったり。

じぶんの好きなモノだったり。

人に対する姿勢だったり。

     

自分の内面が<ありのままの結果>としてあらわれるんだと思います。

   

***

それに、中身なんてそうそう変えられないのです。そして、変えなくていいんじゃないかなって◎(マイナスになりすぎはダメですよ。)

      

完璧を求めすぎてしまうことだったり。

尽くしすぎてしまうことだったり。

評価を求めてしまうことだったり。

気持ちに嘘がつけなかったり。

考えすぎちゃうことだったり。

頼りすぎてしまうことだったり。

楽しい事ばかり求めてしまうことだったり。

負けたくない事だったり。

自分の考えをなかなか言えなかったり。

  

**  

でも

あなたがダメだと思っている部分を「かわいい」と思う人

が必ずかならずいるのです。

    

だから、その人に届くように、ちゃんと「見た目を」磨くのです!

     

      

目に留まらなかったら、本だって開かなくないですか^ ^?

      

        

       

       

あなたの愛する人生でありますように。

<オススメ記事>

一番欲しいモノを引き寄せる方法。

ナラタージュの表紙の色の与えるイメージと中身の一致が生み出した相乗効果。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。