他人とは常に分かり合っていない会話をしている。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

 

「他人とは常に分かり合っていない会話をしている」

**

 

たとえ、同じ意見の人と会話をしているように見えても

誰かにとっての「楽しい」

誰かにとっての「悲しい」

誰かにとっての「おもしろい」

は、全然違って。

 

誰かの事を<ちゃんと>わかってあげられるなんてことは、多分一生ないし。

じぶんの事を<ちゃんと>わかってもらえることなんてのも、一生ない。

 

 

でも、人との関係で

グチャグチャになる時は

いつもこの「わかってあげられない」「わかってくれない」が原因になる。

 

思い当たりませんか?

 

 

 

ほんとは、なんて無駄な行為だと思うけど。

 

 

じぶんのこと以外に、誰かを「わかってあげたい」と思ったり。

誰かに、じぶんのことを「わかってほしい」と思うのは、すごく幸せなことなんだと思うんです。

 

その想いがなければ、誰かと繋がることは出来ないだろうし。

 

 

それ以上に、そこには、きっと「わかってあげたい」自分と繋がっていて。

「わかってほしい」自分と繋がっていて。

 

 

 

 

誰かの中に、まだ見ぬ「自分」がいるんだと思うんです。

 

 

**

それは、きっと

時に、じぶんの可能性を広げてくれる

すごく楽しいことだと思うんです。

 

だから、無駄な行為でもなんでもなくて。

 

ただ「分かり合っていない会話をしている」

と、頭に入れておくと

色んな場面で、きっと救われると思います。

 

 

 

 

 

あなたの愛する人生でありますように。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。