苦手な色は暗い色味の方が顔が明るくなったお客様の理由。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

先日来てくださったお客様の話。

柔らかな色味の似合う「サマータイプ」でいらっしゃいました。

 

サマータイプというのは、ブルーベース(ピンクがかっていたり・青白かったり)のお肌なので黄色の入ったお色は基本的に苦手です。ですが【明るく(薄い色)・穏やか(くすんだ色)】が似合う要素をサマーさんは持ちますので、黄色の色なども明るい色味だと似合うとされています。

 

ただ、こちらのお客様は

お肌が白くキレイでしたので

苦手なお色は

<黄色や緑など>の濃い色を選ぶことでお顔がより明るく見え、お似合いになりました。

 

それは、なぜかというと

<明度対比>と呼ばれる効果が生まれたのです。

 

下の画像をご覧ください↓(手書きがちょっと汚くてごめんなさい(笑))

同じ灰色のミッフィーちゃんなのですが、後ろが黒い方が顔が明るく見えるようになり、白い方は顔色が暗くなるのわかりますか?

 

色を組み合わせると、こういった効果が生まれます。

<※全ての人が暗い色を身に着ければ顔が明るくなるとは言えません。>

何を組み合わせるかによって、本来の色の見え方が変わるのです^ ^

よかったら、ご参考にしてみてください。

 

 

あなたの愛する人生でありますように。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。