タイプ1:改革する人は使命感を持って生きる人。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

先日は、北海道で大きな地震がまたありましたね。(前日に書いた記事がまるで繋がっているかのようでしたが)

一刻も早く、いつもどおりの日常が訪れることを祈っております。

 

 

**

「使命感を持って生きる人」

9タイプの中で一番「社会的な動き」をもたらすことと関わってくる人たちかもしれません。

(最終的にどのタイプも、魂レベルが上がれば個人の願いから社会的な願いにかわるものですが、この方たちは最初から社会を見据えています。)

 

なぜならば、タイプ1の方たちは「良心的なこと」を何よりも大事にします。

人が生きる上で、誰もが平等に持っている権利を守ろうとします。

それは、一時の社会の変化や感情に流されることではなくて。常に、その不条理さを改善する為に、冷静にありとあらゆる手をつくせる人です。

 

一見、理論的で「頭」を使ったタイプだと思われがちですが「本能と情熱」で生きています。

「こうでなければいけない」という理想が、彼ら彼女の根本にはあります。

 

それは時に、自分の犠牲が大きくなることもあります。

例え、何不自由のない暮らしをしていても、それを手放してでも取り組むような人達です。

「頭」で考えていたらそんなことは、きっとできません。

 

**

ただ、「こうでなければいけない」という「完璧さ」は怒りを封じ込めます。そして、行き場のない想いが欲求不満という形であらわれます。タイプ1が健全になるには「怒り」の囚われから解放されることです。

「怒り」を封じ込めることが完璧さではないことに気づくことです。

怒りは自然なものであり。きちんと、受け入れ処理すれば、怒りが手に負えない行動に至ることはありません。それよりも、現実を生きていく上で大切な力なのです。

 

**

 

「使命感」をもって生きるという事はなかなか出来ることではありません。

世の中には、ほんとうに困っている人たちがいます。

 

「声なき声の人達です」

声がないのだから、声を上げることはできません。

代わりになってくれる人やモノが必要な人たちです。

 

そんな人たちに手を伸ばせるのが、タイプ1の人達なのです。

タイプ1の波動を上げてくれるマイカラーはこちらです。

 

 

 

 

あなたの愛する人生でありますように。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。