時間が経たないと分からない働いた幸せの記憶。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

今日、お客さんと昔の仕事の話になったんですよね。

新卒で入った会社は2年くらいだったけど、すごく覚えていると。

 

**

これ、わたしもそうなんですよね。

最初の2年間だけ働いた化粧品会社のことって、ほんとによく「覚えていて」。

仕事中泣いたこととか。社長の雷をもらったこととか。他の部署の人の嫌味に耐えたこととか(笑)

つらかったことはもちろんで。

でも、それは社会人として初めてであったということも大きいんでしょうけど。

 

 

仕事終わりに毎週先輩や同期とご飯に行ったこととか。

仲の良かったお客さんと話した電話の内容とか。

毎日来てた宅急便の人が結婚したことがわかって、みんなでお祝いしたこととか。

お菓子を引き出しにパンパンに入れてた子のこととか。

 

思い出せばきりがないくらい、ちょっとした楽しかったことも覚えていて。

 

 

もし、私が転職をしていなかったら。

それは、より濃度の濃いものになっていたわけで。

それはそれで、幸せだったのではないかとふと思ったりして。

 

時間が経たないとわからないことがやっぱりあるんだろうなって。

思ったのです。

 

あなたには何が残っていますか?

 

 

 

あなたの愛する人生でありますように。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。