エニアグラムの図形とソウルメイトの話。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

そろそろお盆の時期ですね。

ご先祖様たちは、みんな帰って来れますかね?

 

わたしは、そういう幽霊的なモノが決して見えるわけではないんですけど。

ある時期から、見えないものが写真によく映り込むようになったことがあって。

<去年も久しぶりに撮れた写真があって。その前の年に、天国に旅立った実家の愛犬が出てきた写真です。真っ白い姿で出てきました。白はやっぱり神様の色なのかもしれません。見たい方はこちらから。>

 

その時思ったのは、怖いというよりも「そうだよね」って。

「そういう事があるよね」って思ったのです。

***

 

魂は生まれ変わるというお話があります。

聞いたことありませんか?

「前世」で出来なかったことを「今世」で成し遂げようとするという。

 

エニアグラムでは、人を9つの本質(魂とも呼ばれるモノ)に分けて診断していくのですが、現代のような形に出来上がったのはここ最近の話です。

ただ、エニアグラムで用いられている「図形」が出来上がったのは約2500年前以上前の古代ギリシャにあると言われています。(しかし、直接的な証拠は見つかっていません。)

 

そんな中で、現代の世界にもたらしたと言われている人は間違いなく「ゲオルギー・イワノヴィッチ・グルジエフ」という方だと言われています。

そして「この図形」において、彼は三つの聖なる法則を説明したのです。

エニアグラムの表。

円は「一体性・全体性・調和」を表し「神はひとつなり」という考え。

<これは西洋の宗教であるユダヤ教・キリスト教・イスラム教の特徴>

三角形は「三つで1つ」という考え。

<キリスト教:「父と子と精霊」/ユダヤ教:神は宇宙において三つの「球」/仏教:「仏・法・僧」etc>

変六角形は「あらゆるものは動き、別のモノになっていく」という考え。

<岩や星ですら変化する。>

そして、彼はこの図を「生きたシンボル」として考えるべきと。

***

 

エニアグラムは宗教ではありません。人類普遍の「永遠の哲学」です。

人種、性別を超え<平和・愛・つながり・感謝・寛容>などを考えること。

そして、この図が「三つの聖なる法則」を意味して、現代のエニアグラムとして様々な知恵が集まり体系化されたならば。

人は神様の一部の気質を強くもって生まれ。その魂を成長させるために何度も生まれ変わり。そして、9つの違う気質が「今世」で集まることで「神のような力」が出来ることを示しているのじゃないのかと思うのです。

そして、繋がれる魂は決まっていて、今でいうソウルメイトと呼ばれるようなもの。

ただ、レベルが一緒じゃないと出会えないし、一緒にはいられないんだよという。お話なのかもしれません。そして、上に行くには自分の魂レベルを上げるしかないのです。

 

信じるか信じないかはあなたしだいです*

あなたはどうしますか?

 

 

あなたの愛する人生でありますように。


<オススメ記事>

●自分らしさ(本質)を知るための子供時代に欲しかったメッセージ。

Follow me!