奇跡みたいなことが起こる時。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

よく「執着することはよくない」というけれど。

確かに、誰かや何かに「条件付きで」執着することで心がちゃんと満たされることはなくて。

 

ただ時に、「無条件に」誰かや何かに心が執着してしまうことはあって。

例え、マイナスの感情でも。プラスの感情でも。

そういうモノに出会えた時って。のちのち、奇跡みたいなうれしいことが起こるんですよ。

わたしが、こういう仕事を選んできたのも。その一つの執着なんじゃないかなと思っていて。

わたしは、人をきれいにする仕事をすることで

自分自身が「優しい人でありたい」という強い想いがあることにきづきました。

それは、そうあることで誰かに良く思われたいという事でもなくて。

小さい時から、じぶんの想いに嘘をつくのが苦手で。言いたいこととか。やりたいこととか。

我慢するのがむずかしく。誰にどう思われようといいと思って行動してしまう自分もいて。(数年前はそういう自分を我慢しすぎて苦しくなっていたんだと思うんです。)

ただ、時に、それは誰かを傷つけることにもなったりして。

だから、そういう自分が出てきた時に

ちょっと考えて踏みとどまれるようにしたいんだと思うんです。自分のために。

 

「どう生きたいか」迷っていたわたしにとっては、その想いがクリアになって。

すごく楽になったのです。

 

だから「無条件に」誰かや何かに執着できるということは

その誰かや何かのために「無条件に」自分を投げ出せることにもなって。

 

のちに、奇跡みたいなこととして

戻ってきてくれることもあるんじゃないかなぁ。

と、思うんです。

 

あなたの愛する人生でありますように。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。