明日が当たり前にあると思わないでください。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

 

「明日が当たり前にあると思わないでください」

今日はわたしの昔の話です。

わたしは今まで、大きいケガや病気も何一つせず、生きてこれました。

ただ、一度だけ。ほんとうに一度だけ。死ぬんじゃないかと思ったことがありました。

目も開けれず。体がじぶんの意識に反してどんどん硬くなり。

音だけが聞こえて。

運ばれる救急車の中で走馬燈を見たことがあります。

 

その時、思ったのは「やらなかった後悔の出来事」ばかりです。

楽しいことなんて何一つ思い出せませんでした。

 

それは、これを読んでくれている

あなにも明日起こりえることかもしれません。

わたしも、こんな事が起こるなんて想像もしていませんでした。

幸い、わたしはこうして元気に生きています。

そして、この事がきっかけで

サロンを独立することが出来ました。

 

だから、少しでもやりたいと思っていることがあるのなら。

後悔のないように

その一歩をちゃんと踏み出してみてください。

 

あの世に持っていけるのは思い出だけです。

 

 

あなたの愛する人生であるように願っています。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。