白い服が着たくなった時は変化の時。

こんばんは。高見です。

本日もお読み下さりありがとうございます^^

この前、かわいい白のニットのカーディガンを買ったんですよ。一日悩んで、やっぱりほしいな~と思って買いに行ったら。ちょうど安くなっててラッキーでした。

白という色は色味を持たず。

「何にでも染まれる・受け入れられる」という柔軟性があることをイメージさせます。

そして、純粋・清潔感などのイメージも持ち。これはウエディングドレスにも代表されます。

また、昔から神聖な神の色とされ。白蛇・白酒・白鶴などがその例です。

 

その反面。白は汚れが気になるように。汚さないようにという緊張感や警戒心も産まれ、白を好む人は完璧主義な面もあったり。良く言うと、人より正義感が強い方が多いです。

 

また、「白紙に戻す」という言葉もあるように。リセットしたいときには、すごく有効な色なので。白い色が特に気になる時は、日々の中で何かを始めたかったり。やめたかったり。

新たな自分になりたいと思っている時のサインだったりします。

情報ばかりの毎日を生きていると。そればかりに意識がいってしまて、自分の心と向き合う時間がないかもしれません。なので、白が気になる時は。

ぜひ、じぶんの心と向き合う時間を作ってみてください。

そして、白を着ることでさらにその感覚は高まるはずです。

 

参考文献:色の心理学 枻出版社

************

―――――白をマイカラーにした方はこんな方。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。