ベトナム旅行で感じたいろんな想い。

こんばんは。高見です。

ベトナム旅行行ってきましたよー。とっても楽しくて。最高の息抜きになりました♪

 

ベトナムってフランスの文化がやっぱりいろんなところにあって。

 

食・建物・言葉(マダムと呼んでくれたり)

すごく、悲惨な歴史があったはずなのに。

その文化を受け入れ、自らの力で発展してきた国なんだと思う。

ベトナムには過去を恨むことは恥とする思想もあったりするそうで。

 

相手を罵ることは簡単だけど、自分の誇りと尊厳を守るために。

あえて、そこには触れず生きる人達もいて。

それは、自分を被害者(かわいそうな人)として思わないように生きることであり。

 

許されない事をした時に謝ってほしいのは、人として当然の想いかもしれないけれど。

だからと言って。相手を許せるかは別の話であるとわたしは思っていて。

だとしたら、相手に要求しないことで。

自分が一番、幸せに生きられるならば、そういう選択はすごく賢いのかもしれない。

と、そんなことも思ったり。

 

何が正しいかは別として。

いろんな想いで生きている人がいるということは忘れてはいけないし。

いろんな人の生き方が尊重される世の中であってほしい。

ただ、声をあげたくても上げられない人が救われる世の中になることを。

やっぱり一番、願いたい。

 

そんなことも思った旅でした。

 

食レポはこちらに載せてます♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。