嫌いな自分がいないと頑張れないこともある

こんばんは。高見です。

 

今日はせっかくなので。

以前にエニアグラム診断を受けてくださったお客様のご感想です。

以下↓

すごくおもしろかったです!
そーいえば、そんなところあるある!って(笑)

こちらの方はすごくいつも物事を「調べるタイプ」で。
調べすぎて行動できなくなることもご自分でわかっていて。
だから、先に物事を確実に実行するように決めるそうです。

例えば、習いたいものはある。
→でも、どこがいいか?
→いろんな教室を調べすぎて決まらない。やっぱ、やめた〜!

に、ならないように。
→「いつから絶対に始める」と、決めること。
(あとは、その習い事のための道具を先に買ってしまうとかも。同じことかも?しれませんね。)

そうやって、自分がダメな部分をちゃんとカバー出来るように。
行動せざるおえないように意識をされているようです。

きっと、「自分を好き」になるって。自分の心の中に嫌いな自分がいてもいい。って、認めることなんだとわたしは思うんです。

だって、 嫌いな自分がいなきゃ、きっとがんばれないことだってたくさんある。

嫌いな分、可能性がいっぱいあるんだと。わたしは思うんですよね。

だから、まずはそんな自分に◎をつけてほしいなって思うんです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。