紫が与えるイメージと紫が似合う人。

こんばんは。高見です^ ^

本日もお読みくださりありがとうございます。

 

 

この前、初めて

パープルの入ったブラウンの髪色にしてもらったんです。

意外と、つやがでますよ~って、ことで。

どうでしょうか♪

 

なので、今日は紫が与えるイメージと似合う人について。

紫は赤と青の混ざった色。

つまり、相反する色が入っています。情熱的な赤と冷静な青。

二律背反な面を融合させた神秘の色です。

この色をマイカラーにした個性的な人の特徴をよく表しています。

中でも、特に美意識が高く。カリスマ性や芸術性に富んでいる人が多いです。

実際、紫の色を身に着けた人を見ると。

人は「この人はどんな人なんだろうと?」と無意識のうちに目が行くようになり、謎のある魅力的な人に映るのです。(情熱的なのか?冷静なのか?)

そして、昔は紫の染料はとても高く

高い身分の人しか着ることが出来なかったので

高貴・上品・優美等のイメージがあり

精神的権威のある人が身に着けた色であり

癒し・奉仕の意味もあります。

チャクラの部分でも

天に近い頭の部分で、精神性を表す色です。

ただ、ちょっ…近づきにくいオーラ―も放ちますので。

他の人が入ってこれる隙を作ってあげてくださいね。

 

実際、二面性のバランスを保って生きるということは

とても難しく

簡単ではありません。

時に、現実逃避に向かってしまう場合があります。

 

また、本物のヒーラーやカウンセラーの方がこの色を好むことは多いです。

きっと、自分ではとれないバランスを

色から自然にパワーをもらっているのではいかと思うんですよね。

そして、その神秘的なオーラが増すんだと思うんです。

 

気を付けてほしいのは、どんなに表面上で似合ったとしても。

紫を身に着けるということは、その人自身に品がなかったりすると。

簡単に「下品に。安っぽく。嘘っぽく」も見せられるということです。そして、似合う紫を身に着けてこそ、あなたの上品さが「ぐっと」増すということです。

 

 

あなたの愛する人生でありますように。

 


●あなたに似合う紫を見つけられるパーソナルカラー診断はこちら。

紫がマイカラーの個性的な人はこんな人

 

参考文献:色の心理学 枻出版社

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。