オシャレは足元からの意味。

こんにちは。

先日、壊れたカメラ(自分で落としたやつ)がなぜか無償で修理してもらえて。返ってきました~♪

こんなこともあるようで。保証書はやっぱり大事にしたほうがいいです。

 

さて、今日は「オシャレは足元から」の意味を考えてみようかなって。

人は視覚的に、動いているものに目がいくということがあります。だから先端はどうしても目が行きやすいというのはあります。

そして、「おしゃれ」って。漢字で「お洒落」と書きます。「洒れ(され)」「戯れ(され)」が転じた言葉で。いろんな説があるようですが。

●洒れ:日光や風に当たって色が変わる(落ちる)こと。

●戯れ:遊び心がある。

ということだそうです。どちらも完璧じゃない状態を言うんだと思うんです。そして、靴って。服なんかより、ちゃんとしたものを買って扱えば、何年も履けるもので。だからこそ、自分の色が出てきたり。大事にするし。でも、地面に触れているんだから。常に汚いわけですよね?だとしたら、靴を大事にする行為ってたぶん無駄な行為なんですよね(笑)

でも、そういうムダな行為をどれだけできるかって。

 

人生においてとても大事だと私は思っていて。

 

ムダの究極は「遊ぶ」ことだと思うんです。ただ楽しいことって。お金にもならないし。勉強しているわけでもないし。でも、そういう時間があってこそ。自分が何が好きとか。どういうことに心が動くとか。生きるための意味が見つかったりするんじゃないかなって。

そして、そういうムダな時間を許せると。いろんなことやいろんな人に寛容になれる気もしていて。

きっと、それは、魅力的な人の大事な要素でもあって。

 

だから、「オシャレは足元から」は靴がオシャレかよりも。

その人が「どれだけオシャレな内面を持っているか」を教えてくれる。もっと大事な意味があるんじゃなんじゃないかなっていう結論に。

ぜひ、仕事が出来る人の足元をみてみてください。きっと、素敵な靴を履いているはず。

 

 

Follow me!

オシャレは足元からの意味。” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。